チャーリーの暗号部屋★仮想通貨ビットコインとアルトコイン

実体験で得たビットコイン、アルトコイン、コイン分裂、ハードウォレット、新規ico、KYC登録方法、airdrop情報を解説

ビットコインやアルトコインのairdrop.ICO.KYCについて実体験を元にチャーリーが書いているブログです

イーサリアム(ETH)の値段が戻って来た!3月4月で64ETH仕込み済。

1ヶ月半ぶりにBTC/円が100万円を越えましたね。

BTCとETHに関しては近いうちに最高値更新するとは思ってますが…

下落に悪いニュースが混じり合った1ヶ月半は、株では味わう事が出来ない複雑な心境でした。

 

でも今の気分はこんなんです笑

f:id:kasuterax:20180425015700j:plain

 

特に悪かったETH/BTC

中でもETHの価格はBTCに比べて悪過ぎました。

表向きな現実通貨と仮想通貨のベクトルとしてBTCが使われているならば、ERC20で様々なコインを抱えるETHはアルトコインの指針。アルトコイン全般に冬の1ヶ月だったと言う事ですね。

今思えば買い場だったのかも知れませんが、まだ価格は予断を許さない状況です。

 

チャートはETH/BTC 4時間足 ZAIF

f:id:kasuterax:20180425020255j:plain

見ると一目瞭然ですが、最高値からの大下落。

まだ戻してませんが、トレンドは確実に変化しています。

(2018年4月25日現在1ETH=0.0749btc)

 

今年に入って買い増したETHが64を超えていた笑

下がったら買う、シンプルな方法ですが、落ちたナイフを拾うなってチャート格言もある通り、購入時の心理はかなり不安です。

買う→下がる→買う→下がる、、、2周も繰り返すと心に冷や汗びっしょりです。

株よりも材料やお金の流れが見えない分、仮想通貨の底って見えないんですよね。

ちなみに今年度の投資にはicoが多い事もあり、買うなら円からBTCではなくETHでした。

ここに落ちたナイフを取りに行って感覚が無くなるくらい、手が傷だらけになった記録を上げておきます。

 

基本方針はmaker側で指値入れておいて、後に約定が多いです。

 

見たら分かる様に一回だけ時差でtakerになってしまい手数料取られていますが(悔)

zaifのtakerとmakerの手数料について後述します)

 

f:id:kasuterax:20180425021846j:plain

f:id:kasuterax:20180425021856j:plain

f:id:kasuterax:20180425021907j:plain

f:id:kasuterax:20180425021916j:plain

合計65.77ETH  平均取得単価68488円

現状単価が77500円/1ETH付近ですので

2018年の落ちたナイフ、合計では拾えている事になりました。

仮想通貨でこの価格だと、まだ全く分かりませんが笑

 

ザイフのtaker手数料について

これは覚えておいて損が無いです。

円からETHに交換する際には注文数がある板のzaifが有力になると思うんですが、気をつけないと知らぬ間に手数料を取られます。

Maker…新たに指値を入れる人

Taker…指値に対して買う人

のTakerの場合だけ手数料が掛かります。

なので板を見ながら今出てる指値の少し上で買い注文入れるだけで手数料が0になります。