チャーリーの暗号部屋★仮想通貨ビットコインとアルトコイン

実体験で得たビットコイン、アルトコイン、コイン分裂、ハードウォレット、新規ico、KYC登録方法、airdrop情報を解説

ビットコインやアルトコインのairdrop.ICO.KYCについて実体験を元にチャーリーが書いているブログです

取引所トークンKCS(Kucoin Shares)の買い方と保有メリット

おはようございます。チャーリーです。

ここ一週間やたらと取引所トークンの調子が良いのでBNB.HT.OKBの次に位置しているKCS(Kucoin Shares)について勢いで書いて行こうと思います。

仮想通貨の安全な避難先になっている感もありますね。

f:id:kasuterax:20180519051300j:plain

 

KCS(Kucoin Shares)とは?

2017年11月に香港で設立された取引所「KuCoin」が独自発行する仮想通貨でクーコインシェアーズと読みます。

2017年8月にICOが行われ、2017年9月にKuCoinに上場。
2018年5月現在はKucoinのみで売買することが可能です。

 

 

KCS保有のメリットは?

 

  • KCS保有量に応じて取引手数料が割引される

 

BNB等でもお馴染みになっている手数料の割引。

KuCoinでは取引手数料が0.1%と、他の取引所と比べて比較的安く設定されています。

さらにKCSの保有量が1,000KCSにつき、取引手数料が1%OFFになります。

最大30%(0.07%で取引が可能)まで割引が適用されます

 

 

  • 上場通貨の人気投票に使用することが可能

 

こちらもお馴染みの新規コイン投票イベント。KCS保有投票権が得られて得票上位の通貨がそのまま上場になります。

 

  • 保有量に応じ利益が配当として毎日配られる

 

こちらが最大のメリットと言っても良いでしょう。株の配当金の様なシステム。

KCSの保有量に応じて、取引所の利益が報酬として毎日配られるもの。

配当として分配されるのは、取引所全体で発生した1日の手数料の約50%で、配当の計算方法はこんな感じ。


【取引所が得た1日の手数料】×【50%】×【保有しているKCS/1億KCS(総量)】

 

↓こちらのサイトでは保有量入れるとおおよそのボーナスを計算してくれます

KuCoinShares - Calculate your KuCoin Bonus

 

 

実の総発行量は2億KCS

市場に出回る予定は1億KCSですが、別枠で1億KCSを創設者と投資家が保持しています。こちらの1億にはロックアップ期間が定められています。

創設者  金額7,000万KCS

ロックアップ期間4年間(2017年9月2日~2021年9月2日)

 

投資家  金額3,000万KCS
ロックアップ期間2年間(2017年9月2日~2019年9月2日)

 

(ロックアップ期間は配当ボーナスもなし)

 

ロックアップの終わる2年後に3,000万KCS、4年後には7,000万KCSが取引所に流通する可能性があります。

 

 

Kucoinの買い戻し特約付き!

こちらもバイナンスで好評の買い戻し特約。

株で言う自社株買いですが、仮想通貨界ではburnと呼ばれています。

その名の通り燃やされて無くなるイメージで、残ったトークンの価値は上がります。

四半期ごとKuCoinの利益の最低10%が買い戻しに回されます。(burn上限は1億KCS)

ちなみに上を走るバイナンスのBNBは四半期ごと利益の最低20%がburnされています。

 

 

現状チャートがBTCやETHと連動した動きを取っていないので、メイン通貨の避難先としても有効かもしれません。口座が無い人はすぐ作れるのでやってみましょう。

 

↓kucoinは日本語も対応しています↓

www.kucoin.com

 

 

こんな感じでKCSを保有しているだけで、知らないコインが配当として増えて行きます。後に大爆発する銘柄が入っている可能性も。。。

f:id:kasuterax:20180519055755j:plain

 

 それではまた!